News &
Information

2017年5月22日
パラシュート落下実験

5月20日 パラシュート落下実験

すっかり初夏、そして芸術祭の開幕まであと3ヶ月を切りました。 今回は、先日実施した気球打ち上げ実験のさらに予備 […]

2017年5月12日
札幌国際芸術祭2017メインビジュアル

札幌国際芸術祭2017 参加アーティスト・企画内容の全貌発表

5月11日に記者発表が開催され、札幌国際芸術祭2017の参加アーティスト、プロジェクトなど、SIAF2017の […]

2017年3月15日

平川紀道 《datum》

SIAF2017アーティストプレビュー 平川紀道 《datum》 アーティスティックディレクターを担当する平川 […]



About

SIAF2017に向けて 

2014年に世界初の芸術衛星を打ち上げたARTSATプロジェクトとSIAFラボの共同企画。モエレ沼公園の「モエレ山」「プレイマウンテン」「ガラスのピラミッド」といったモニュメントから気球を放出する。気球には、ゴンドラの加速度や温度、気圧などを記録するデータロガー「Morikawa」に加えて、今回のプロジェクトのためにSIAFラボが開発した、プログラムコードを送るとそれに応じて音を送信してくれる「テレコーティング・モジュール」が搭載されている。
大地の彫刻家、故イサム・ノグチの集大成であるモエレ沼公園を、3つの気球からの音とデータで拡張し、公園と宇宙とつなぐことを目指す。まさにこの札幌でしか実現し得ない、新たな芸術実験に挑戦する。。
久保田晃弘(ARTSAT×SIAF LAB. 代表)

SIAF2017 - http://siaf.jp/

Schedule


Event

2017冬季アジア札幌大会連携 創造都市発信事業
札幌国際芸術祭2017 アーティスト・プレビュー

平川紀道 《datum》

会期:2017年2月16日(木)-19日(日)
時間:11:00-17:00
会場:モエレ沼公園雪倉庫

アーティスティックディレクターを担当する平川紀道の作品プレビューをモエレ沼公園雪倉庫で開催しました。

datumの映像記録はこちら


Team

ARTSAT × SIAFラボ

「衛星はメディアである」をモットーに、宇宙の文化芸術活用を推進するプロジェクトARTSAT:衛星芸術プロジェクトは、2010年、多摩美術大学と東京大学のコラボレーションから活動開始。

2014年2月、世界初の芸術衛星「ARTSAT1: INVADER」の打ち上げに成功し、続く同年12月には「はやぶさ2」との相乗りで、地球の引力圏を脱出する深宇宙彫刻「ARTSAT2:DESPATCH」を惑星軌道に投入し、最遠で470万km(月までの距離の約12倍)からの電波の受信に成功した。2015年アルスエレクトロニカでHYBRID ART 部門優秀賞をチーム受賞。平成27年度芸術選奨大臣賞(メディア芸術部門)を久保田晃弘が受賞。

今回のSIAF2017では、久保田晃弘(リーダー)、堀口淳史、中澤賢人、宇佐美尚人、橋本論らが参加し、SIAFラボの小町谷圭、船戸大輔、金井謙一、石田勝也らと共同でプロジェクトチームを結成する。

展示のアーティスティックディレクターには平川紀道、さらにサウンドやプログラミングで矢坂健司、田所淳、藍圭介らが参加することが追加決定している。

ARTSAT - http://artsat.jp/
SIAFラボ - http://siaf.jp/siaflab/




Project Members


プロジェクトリーダー  久保田 晃弘(ARTSAT/SIAFラボ)


開発

プロジェクトマネージャ
小町谷 圭(SIAFラボ)
堀口 淳史・中澤 賢人・宇佐美 尚人・橋本 論(ARTSAT)
船戸 大輔・金井 謙一・藍 圭介(SIAFラボ)
開発アドバイス
岩谷 圭介

展示

アーティスティックディレクター
平川 紀道
田所 淳・矢坂 健司
映像・アーカイブ
石田 勝也(SIAFラボ)・門馬 友祐

運営

キュレーション
宮井 和美(モエレ沼公園)
プロジェクトマネージャ
細川 麻沙美(札幌国際芸術祭事務局)
細川 秀樹・宮岡 完・加茂 博仁(札幌国際芸術祭事務局)
サテライト会場(札幌市資料館)
プロジェクトマネージャ
漆 崇博(SIAFラボ)
詫間 のり子・杉本 直貴(SIAFラボ)
遠藤 拓也(札幌国際芸術祭事務局)
イラスト
川成 由(SIAFラボ)
ロゴ・デザイン
白井 宏昭
広報
石田 省子・岡本 和沙(札幌国際芸術祭事務局)
協力
気象庁札幌管区気象台
札幌大谷大学
札幌市立大学
多摩美術大学
北海道大学創成研究機構
主催
札幌国際芸術祭実行委員会

Credit

Background-image : The source data were downloaded from AIST’s LandBrowser. Landsat 7/8 data courtesy of the U.S. Geological Survey.”

TOP